理想のオレンジ

世界で一番笑った人生にしたい!と思ったアラサー男性(オレンジ)のつぶやきです。

Carnism ~9月牛祭りコース~

8月に受けた健康診断の結果があまりよろしい内容ではなかったオレンジです。

結論から言うと「太り過ぎ」。

私の場合、外見はそんなに太ってる感はないのですが、その代わりに内臓脂肪がけっこう酷いらしく、これを機にダイエットをしようと思います。

 

と思いきや、1年前の記事でも幾度となくダイエットダイエットと騒いでました。

自分がただのおサボりクソ野郎だと気づき涙が止まりません。

 

idealorange.hatenablog.com

idealorange.hatenablog.com

idealorange.hatenablog.com

idealorange.hatenablog.com

 

例えば高校の時に恋焦がれていた純粋無垢なあの子が、大人になって再会した時に、お尻がハミ出まくるほどのショートパンツを履いて、耳の皮膚が1m㎡すら見えないほどピアスを開けまくって、肩にはパチンコで生計を立てている彼氏の名前をローマ字にした刺青を入れて、ナンバープレートを上に折り返してアクセル音が馬鹿みたいにうるさい原付に乗って現れたら、女の顔になっている母の顔を見るよりもトラウマになると思います。

(#人の価値観はそれぞれ)

 

その観点で言うのであれば、1年前と何も変わっていないというのも、逆にそれは良いことであるのかもしれません。

(それで論破出来ると思ってんのかよゴリラ。苦しいのはウエストだけにしやがれ。)

 

とはいえ、さすがに本当にリアルに真剣に今度こそは健康に気を付けなければならないという自覚は芽生えたので、2021年秋、私オレンジはダイエットを再開しようと思います。

 

1年の時を越え、再度ダイエットを誓った私は「肉は太りにくい」という魔法の言葉を信じて、さっそく行ってまいりました。

(いやダイエットする気ないやん、さっそく行ってきてんじゃねえぞゴリラ。無駄な前振りの時間返せよ。)

 

そんなこんなで行ってきたのはこちら!!

f:id:ideal_orange:20210920084928j:image

 

"Carnism"

↓公式HP↓

肉とクラフトビール Carnism 麻布十番(カーニズム)|ダイニングバー (favy.jp)

場所

都営大江戸線麻布十番の5a出口から徒歩2分くらい。

 

概要

頻繁に「お肉系」のイベントをやっているお店で、けっこう前から気になっていました。

 

イベント内容

「9月牛祭りコース」ということでミスジ牛サーロイン牛もも肉牛イチボ」の食べ放題を実施しておりました。

 

コース内容

1. 自家製胡麻ドレッシングのグリーンサラダ
2. タコのマリネ
3. 牛すじのトマト煮込み
4. アンチョビガーリックフライドポテト

5. 炭火焼き 塊牛ミスジ
6. 炭火焼き 塊牛もも肉
7. 炭火焼き 塊牛サーロイン
8. 炭火焼き 塊牛イチボ

(5. ~ 8.が食べ放題)


9. シェフ特製!牛のスパイスカレー
10.バニラアイス

 

料金

上記コースで¥2,980円(税込)

ただし、ワンドリンク制なので私は烏龍茶(税込¥600円)を頼みました。

よって合計¥3,580円。

 

味の感想

写真撮るのお肉以外の写真撮り忘れて涙です。。。

1. 自家製胡麻ドレッシングのグリーンサラダ

⇒結果から言うとこれが一番美味しかった。笑

胡麻のドレッシングが過去最高レベルで私は好きでした。マスターに聞いたところ、卵や玉ねぎなどを使用した自家製で他のお客さんからもけっこう人気だそうです。

後でお肉祭りが始まるから、後半にも残しておくと口の中がさっぱりします。


2. タコのマリネ

⇒the タコのマリネ。良い意味で知っているタコのマリネです。これも残しておくと後半のお口直しにちょうど良いさっぱり感です。

 

3. 牛すじのトマト煮込み

バケットが付いてきます。トマトの味が効いたハッシュドビーフに近い味だと思います。個人的にはバケットがサクサクに焼かれていると良かったかな。ちょっとフニャフニャでした。味は美味しかったです。

 

4. アンチョビガーリックフライドポテト

⇒おかわりが出来るのならばこれがよかった。。。っていうくらい美味しかったです。笑

アンチョビとガーリックの味のバランスが最高でした。(作っているのかそういうのがあるのかとか細かいことは知りませんが)

サラダのドレッシングもそうですけど、メインより脇役たちの方が美味しかったです個人的に。

 

5. 炭火焼き 塊牛ミスジ
6. 炭火焼き 塊牛もも肉
7. 炭火焼き 塊牛サーロイン
8. 炭火焼き 塊牛イチボ

こちらのワンプレート(4人前)

f:id:ideal_orange:20210920084958j:image

こちらのお店ではタンドール窯で焼くことで、表面カリっと中ジューシーというのが特徴だそうです。

私は味音痴だし、おすぎとピーコの違いも阿藤快加藤あいの違いもよく分からない素人ですが、表面カリっと中ジューシーというのはあまり感じられませんでした。

ただ、美味しかったことは間違いありません。サーロイン(写真右上)は脂身がついているのですが全く臭くなく、もも肉(センターに盛られているやつ)もブロックカットしてありますが、これも一切臭くなく、お肉本来の味を楽しめました。

私は、もちろんサシの入った和牛も好きですが、年々こういった赤身肉の方が好きになっています。

ただ、今回は「食べ放題」ということで、やはりその点で欲張りたいと思ってしまうのは人の性、バンバンおかわりをしていこうと思いましたがまさかの注意点が。

1回のおかわりで、全種類が人数分やってきます。

つまり、おかわりすると上の写真の内容がまたサーブされるということです。

(ラストオーダーのみ、部位の指定が出来ました。)

私、自称フードファイター8軍なので胃袋にはそこそこ自信があるのですが(私を含めた今回のメンバー4人とも同じ感じ)結果から言うと4回しかおかわり出来ませんでした。

 

つまり、4種類×4=16切れ

 

これを多いと感じる人も、雑魚がぁ!と感じる人もいると思いますが、全盛期だったらこれの倍はいけてました。

やはりアラサーの限界が身に沁みましたね。

赤身肉なので顎も疲れます。あと、4種類とも3回目のおかわりくらいから味の違いが分からなくなってきて、単純に飽きます。笑

 

9. シェフ特製!牛のスパイスカレー

⇒辛くはないけどスパイスが効いてるといったカレーでした。


10.バニラアイス

レディーボーデンのようなバニラアイス、普通に美味しかったです。

 

総評

特別うまい!というわけではないけど、コスパはめちゃくちゃ良かったと思います!

素直に喜べないのが、メインよりも脇役のほうが美味しかったことで、気持ちが複雑です。笑

近所にあったらリピートするけど、麻布十番まで足を運んでリピートするかっていうと少し考えます。

 

最後に

いやぁ、食べましたねぇ。

ただでさえ赤身肉は太らないのに、それをタンドールで焼いたらむしろこちらの内臓脂肪をもっていかれます。

帰宅して体重計に乗ったら1kg増えていたけど何かの間違いだと思います。

(いや目を覚ませよゴリラ。確実に太ってんぞ。)

そういえば麻布十番といえば前から気になっていた浪花家総本店の「たい焼き」。

f:id:ideal_orange:20210920213412j:image
f:id:ideal_orange:20210920213419j:image

食後のデザートに食しました。

(いやアイス食ってたやん。)

 

てことで!よし!改めてダイエット頑張ろう!

(うるせえよゴリラ!)

 

何が言いたいのか分からない文章でしたが、最後まで読んでいただいた方、どうもありがとうございました。

どうぞまたよろしくお願いします。

 

今週のお題「肉」

idealorange.hatenablog.com

 

PUKKA 美味しいハーブティー

学生の頃、友人とショッピングモールを歩いてたら偶然私の母に遭遇し、2~3言葉を交わして別れた後に友人が私に向けて言ったセリフが

「さっきの本当にお前の母ちゃん?品ありすぎだろ。」

遠回しに自分に品がないことを指摘されたので、隙をみてヨガファイアーを打ち込もうと試みたオレンジです。

その瞬間、品のある人だったらそもそも「ヨガファイアー」なんていう選択肢は浮かばないだろうと気づいたので、ギリギリのところで踏みとどまれました。

代わりに「ヨガフレイム」を放ったのは言うまでもありませんね。

 

今は一人暮らしをしているのですが、社会人になる前は実家にて多少なりとも品のある暮らしをしていたかもしれません。

 

・休日のランチ後のアフタヌーンティーは必須。

・母の影響で月1の宝塚がルーティーン。

・さらにその影響で、今でも趣味は舞台からミュージカルまで広く観劇。

・血縁に美術関連の仕事をしている人がいるため、美術館に足を運ぶことも。

・癒されたいときに観るのは、犬とか猫の動画ではなく「徹子の部屋」。

アスファルトに咲く一輪の花を見かけると頬を伝う涙。

・スタンプカードやポイントよりも生きがいを感じるベルマーク。

・そういや昔俺を師匠って呼んでた奴がいたな、なんつったかな?ローランド?

 

ざっと思い出せるのがこの辺りですかね。

 

そうですね。

7割方嘘ですね。

 

もはや「品」とは一切関係ありませんね。

 

何がしたいのでしょうね。

 

本題に参りましょう。

(いやホントになんだったんだよゴリラ謝れよ。)

 

とはいえ確かに、おかんは品があるとは昔から周りに言われていたし、大人になって息子の自分でも正直そう思います。

 

そんな母の影響を受けてしまったゴリラは、時折その見ためとは合わない行動や生活に周りから引かれてしまう悲しきモンスター。

 

いつかサトシが迎えに来てくれることを信じて待っています。

 

ということで、今週のお題「好きなお茶」

 

前回、SDGsとも絡めてこちらの記事を書きましたが、

idealorange.hatenablog.com

 

今回は本当に「好きなお茶」について書いてみます。

 

それがこちら

f:id:ideal_orange:20210914195040j:image
f:id:ideal_orange:20210914195037j:image

PUKKA(パッカ)のハーブティーです。

まず見た目、箱が可愛くないですか?

 

PUKKA

イギリスのハーブティーメーカーです。

↓日本公式サイト↓

パッカハーブス | 日仏貿易株式会社 (nbkk.co.jp)

 

出会い

我が家(母ですが)ではいっちょ前に常連客として通わせていただいている、個人経営のフレンチ?イタリアン?があります。

そこのシェフが食後にありとあらゆるハーブティーをサービスしてくれるのですが、ある日「他のお客さんに教えてもらったやつで、私もお気に入りなんです。」といって出してくれたのが、PUKKAの "lemonngrass & ginnger"(写真右側の緑のやつ)でした。

味の感想は人それぞれですが、私は

「あぁ~美味しい~。」

と素直に感じました。

レモングラスの爽やかな香りに、ほんのり生姜が効いていて、その奥に後から自然の甘みがやってくるような味わいです。

 

それからネットで色々な種類を試し、リピートするまでに残ったのが写真の2つです。

正直なところ

「ん~、これはなぁ~」

というのもあったのですが、全ての飲食物って個人の好みじゃないですか。笑

めちゃくちゃ美味しいと評判のラーメンを、脂っこくて無理。という人もいれば、100円程度のカップラーメンがこの世で一番美味しいという人もいるように。

 

写真の2種類はあくまで私が美味しいと感じ、ずっとリピートしているものです。

 

ハーブティーが好きで、もし初めてこのブランド、"PUKKA"を知ったという方がいらっしゃいましたら、是非試してみてください。

舌に合わないフレイバーもあると思いますが(私はありましたよ。笑)、「これ!」と思える1杯に出会えるかもしれませんね。

↓日本公式サイト↓

パッカハーブス | 日仏貿易株式会社 (nbkk.co.jp)

最後まで読んでいただいた方がいらっしゃいましたら、どうもありがとうございました。

どうぞまたよろしくお願いします。

 

idealorange.hatenablog.com

 

人になりたい。

通勤中の電車にて、目の前にいたデヴィ夫人の如きマダムお婆様が急にマスクを外して鼻をホジホジし始めたので視線を外すことが出来なかったオレンジです。

「外してほしいのはマスクなんじゃない、視線なんだ!」

織田裕二柳葉敏郎に言いそうな台詞ですね。

 

ただ鼻をホジるだけなら、私もアンサー鼻ホジで返せたのですが、デヴィ様は人差し指の付け根まで挿入していたのでさすがの私も、鼻ではなく口で指を咥えて眺めることしか出来ませんでした。

 

さらにデヴィ様はホジホジした指をペロペロしだしたのでさすがの私もこれは自分の鼻クチョ(※不快感を軽減するため可愛さを演出)をおすそわけするべきか否かに頭を抱えましたが、コロナ感染が心配なので止めておきました。

コロナが無ければおそらく私の鼻クチョをシェアして、インスタでアップしていたと思います。(#最後の晩餐)

 

「鼻をホジホジ」というと下品だけど「花を保持保持」とすると急に環境に優しくなれるという大発見をしたところで本題に入りましょう。

(いや前置きが長いよゴリラ。ほぼ何の話か分からねえヨ。)

 

二十歳前後でいっちょ前にお金の使い方を覚え始めて、かれこれ10年ほど経ちますが、あの頃と今とで大きく異なるのが、

「何にコストをかけるか」

を気にするようになったということです。

 

話が主旨から外れてしまうので、ここでは

「何にコストをかけないようになったか」

という視点で話を進めていこうと思います。

(いやお前さっきまで鼻クチョとか言ってたくせに急に文章のテイスト変えんなよゴリラ。)

 

「何にコストをかけないようになったか」

私の場合は、

「外で購入する飲み物」

ですね。

 

まあいたって平均的な稼ぎしかないからっていうのが大きな理由かもしれませんが、時代はSDGs、昔は1日数方のペットボトル飲料を買っていた私も今ではマイボトルを所持するようになりました。

 

マイボトルを買うと、多くの人はこう考えるはずです、、、

「何を入れればいいんだ!」

 

しかし、私の場合は「進撃の巨人」の作者の如く、初めからそれは決めていたのです、、、。

(「、、、。」じゃねえヨ!凄そうな雰囲気すら出てねえぞゴリラ。)

 

 

それがこれですね。

 

f:id:ideal_orange:20210912192345j:plain

ジャスミン茶」と「ルイボスティー

 

私はこれをAmazonで購入して、日替わりで使用しています。

前日の夜に水を入れたマイボトルに1パック入れて、翌朝出勤前にパックを除いて完成です。

人によっては飽きがくることもあると思いますが、日替わりで使っているので私の場合はそんなに気になりません。

あっ、基本的に職場で飲んでいるのですが、職場にあるその他のティーやコーヒーも飲んでいます。笑

 

物に関してはきっとジャスミンマイスターやMr.ルイボス等のそれぞれの道を究めた方々からすると、もっと美味しい種類があるのでしょうが、私的にはこの伊藤園のもので充分です。

コスパも良いと感じます。(セール時だと特に)

 

いずれにしてもマイボトル生活にしてからゴミも飲み物代も大分抑えられるようになりました。

 

この調子でただのゴリラからエコゴリラになれるよう日々精進していこうと思います。

(いやその前に人になれるようガンバレヨ。)

 

最後まで読んでいただいた方がいらっしゃいましたら、どうもありがとうございました。

どうぞまたよろしくお願いします。

 

今週のお題「好きなお茶」

 

ついでに愛用しているマイボトルはこちらになります。

ポイントは中をしっかり洗えるところです!

口コミには色々とありますが、ちゃんと使えば液漏れも私の場合はしていません!

で、飲み口が若干大きいので私はこのまま飲むのではなく、氷を入れたカップに注いで飲んでいます。

 

改めて最後までありがとうございました。

 

idealorange.hatenablog.com

 

ドラマ「カルテット」 ~ぎこちない音が紡ぐ絆~

昔ちょろっと楽器にかじっていたからって、何かしらのコンサート後に音楽熱が一気に上昇し、帰りの電車では〆のラーメンで頭がいっぱいになってしまうオレンジです。

 

一瞬何かに夢を見て、次の瞬間には諦めに変わってしまう、私はそういう人間でした。

だからフィクションの世界に感動をするのでしょう。

 

しかし、夢は見続けないと叶う瞬間はやってきません。

 

そんな世界にどう向き合うのか。

f:id:ideal_orange:20210906230941p:plain

ある日、“偶然”出会った男女4人。
夢が叶わないまま、人生のピークにたどり着くことなく緩やかな下り坂の前で立ち止まっている者たちだ。そんな4人がカルテットを組み、軽井沢で共同生活を送ることになる。しかし、その“偶然”には、大きな秘密が隠されていた……。

(引用元 : TBS公式HP 火曜ドラマ『カルテット』|TBSテレビ )

↓1ヵ月無料で試せます↓

  U-NEXTお試し

 

ネタバレはなるべくしたくない主義なので必要以上の情報は控えたいと思います。

おっと、その前に控えるべきは糖質ですね。

今宵もプリンを食べる手が止まりません。

 

 

ジャンル

一言で表すなら「ゴールドロジャー」です。

まさしく「この世の全てをそこに置いてきた!!」の如く全てが詰まってます。

ミステリー、恋愛、ヒューマン、、、

ん?このくらいか?まあ大切なのは勢いと糖分なのでお許しください。

 

さすがに全ては詰まっていませんが、武井壮の戦略並みに多彩な角度からのアプローチを楽しめます。

 

・感動する場面

・ドキドキする場面

・キュンとする場面

・えっ?と驚く場面

 

色々な要素が無理なく、バランスよく入っています。

 

でも、どれか一つに絞るならやはり「ミステリー」なのですかね。

私がお世話になっているU-NEXT(無料お試し1ヵ月)でも「ミステリー」に分類されていました。

 

キャスト

松たか子

満島ひかり

高橋一生

松田龍平

の4人が中心となって物語は展開していくのですが、どの役もハマってる!

まるでガイモンさん並みにハマってます。

(いやさっきからONE PIECEちょいちょい挟むなやゴリラ。)

 

展開

領域展開!!

(いや最後までONE PIECEで頑張れやゴリラ。諦めんなよ。)

ジャンルのところでも述べたように、多彩な角度から楽しめるから、全10話とは思えないほどのボリューム感を味わえます。

「あぁ、そういう方向性ね、、、えっ、そっち!?、、、あっ、こっち!?」

といったように、最後まで展開を読ませてくれませんでした。

 

かといって、ミステリー愛好家の私からしたら、バキバキの王道ミステリーというわけではなく、うどん屋さんなのにサイドの牛丼の方が美味しいみたいな感覚で楽しめます。

(いやよく分からねぇよゴリラ。結局ミステリーじゃないってことかよ。)

 

まぁ決めるのは最後まで観たあなたですよね。

(いや匙を投げるなよゴリラ。誰かに何かを委ねられるほどおまえは出来たゴリラじゃねえぞ。)

 

好きな場面・セリフ

(ネタバレにならない程度に、、、)

「ちゃんとしていないとこが好きなんです。」

⇒コンプレックスだらけの私ですが、そのコンプレックスも含めて私なんだと前向きになれました。

 

「泣きながらご飯食べたことある人は生きていけます」

⇒なんか、小さな勇気を与えてもらいました。

 

場面:唐揚げにレモン

⇒なんかこれが全てなのかなぁ

 

場面:8話の家森(高橋一生)さんのたこ焼き

⇒「あれぇ、鉄板焼きは?」8話の最後まで観てこのセリフを思い返すと切ない胸キュンでした。物語的にそんなに重要な場面ではないけど、個人的には一番好きなところです。

 

いや他にもたくさんあったのですが、記憶がね、、、。

 

結論

面白かったです。先が気になって寝る時間も削りましたし。

でも、「めちゃくちゃ面白い!!超おススメ!!絶対見て!!」

っていうほどではありません。

そこまで面白く感じなくても最後まで観れる人は多いような気がします。

とはいえ、私の中の名作ドラマに入ったのも事実。

「淡々とおもしろい」という表現がマイベストです。

 

最後に

個人的にはもっと話題になってもよかった作品なんじゃないかなとは思います。

十分話題になったのかな?少なくともリアルタイムでは私は知りませんでしたが。

とりあえず、少しでも誰かの何かの参考になれたら幸いです。

 

↓1ヵ月無料で試せます↓

  U-NEXTお試し

 

最後まで目を通してくれた方、どうもありがとうございました。

どうぞまたよろしくお願いいたします。

ちょ、ちょ待ちません。

「俺は、生まれ変わってもまた俺でいたいな、、、」

 

顔がいいわけでもなく、身長が高いわけでもなく、裕福な家庭に生まれたわけでもないのに、その手の話題になると、ちょっとかっこつけちゃうオレンジです。

 

本音は

「生まれ変われるならキムタク」

ですね。

人には待てよと言うけど、自分は待たない。

そんなキムタクに生まれ変わりたいです。

 

とはいえ、私自身コンプレックスの固まりみたいな人間ですが、それなりに生活は送っています。

 

コロナのせいで一人で過ごす時間が少し増えましたが、もともと私は、

・小説や漫画はかなり好き。

・映画やドラマもそれなりに観る。

・音楽も毎日聞く。

・食事を目的に一人でもちょっとした遠出をする。

といった人間なので、コロナになったからといって、急に生活の中で変化が起きたわけでもありません。

仕事面も全く変わらずなので。。。

 

上記で記したことをカバーしていれば、初対面の人との会話でもなんとなく話のネタは生まれるものですね。

(スポーツや動物も好きなのでそういった話題になることも多いですが。)

 

けっこう人のブログを読んで、次に読む小説や漫画、次に観る映画やドラマ、次に食べにいく飲食店等を決めることが多いので、1人でも参考になる人がいればいいなというかすかな祈りを胸に、私もちょくちょく何かしらのお勧めをしていけたらなと思います。

 

まあ100%自己満ですけど。笑

 

ブログってそういうものですよね??

 

え?違うの?

なんて?え、何て言った?ねえ!

ちょ、ちょ待てよ!

 

ということで生まれ変わったらキムタクになりたいなというお話でした。

 

最後まで目を通していただけた方がいらっしゃいましたら、どうもありがとうございます。

またよろしくお願いいたします。

 

idealorange.hatenablog.com

 

One more time, One more chance

在宅が増えたことをきっかけに始めたブログでしたが、気付けば1年近く更新できていませんでしたね。

職種上、1年前から一切在宅はなくなりました。

なんなら週6はマストで出勤しています。

そして残りの1日は失禁しています。

 

1年ぶりの更新がお下品なスタートをしてしまったオレンジですが、自分のブログを振り返ると上品だったことが1度もありませんでした。

 

上品補正をするために、なんの脈絡もなく叶姉妹の写真でもアップしようと思いましたが、1年空けると著作権がどうとかよく分からなくなってきたので、叶姉妹はやめて千原兄弟にしようかなと思います。(これも結局著作権?肖像権?とか分からないのでやめておきますが、、、)

 

1年ぶりに戻ってきて最初に思ったことが、読者登録してくれていた人たちが1/5くらいに減っていたということ。

 

そりゃそうだ。

なぜ、見もしないNHKにお金を払わなければならないのでしょうか?

なぜ、届カナイ愛ト知ッテイタノニ抑エキレズニ愛シ続ケタのでしょうか

なぜ、向かいのホーム、路地裏の窓にいないのでしょうか?

なぜ、純情な感情は1/3しか伝わらないのでしょうか?

 

そう、更新しないブログなんて誰が読んでくれようか、いや誰も読まないだろう。

 

自らに発破をかけ、ブログを始めたのが1年前。

案の定、続かなかった自分が何より悲しい。いや悲すぃ。

 

文の書き方も、初恋の味も、昨日の晩飯も忘れていたけど、ログインIDとパスワードはパソコンが覚えていてくれたから、たまたま1年ぶりにこのブログを開いてみたのですが、最初に目に入ったのが

 

今週のお題「サボる」

 

の1行。

雷に打たれた気分です。

 

まさしく、自分に向けられたお題だなと。

 

また、1から始めていこう。

いや、始めてIKKO。

 

1年後、まだ定期的に更新が続いていたら自分を褒めてあげたい。

「どんだけぇ~!!」

と言ってあげたい。

 

もう誰も読んでいないであろうブログですが、もし最後まで目を通していただけた方がいらっしゃいましたら、どうもありがとうございます。

 

今後も細く長く続けていけたらと思っていますので、どうぞまたよろしくお願いいたします。

 

idealorange.hatenablog.com

 

ギャップ萌えゴリラ

絶叫系は大好きだけど、お化け屋敷系は大の苦手であるオレンジです。

 

学生の頃初めて行った富士急ハイランドでは、絶叫系を制覇しノリノリであったのにも関わらず、友人の

「じゃ、そろそろ行きますか!戦慄迷宮!」

の一言に涙しながら駄々をこねたことを昨日の出来事のように思い出せます。

 

周りの友だちもさっきまでノリノリだったゴリラが急に泣きじゃくるから驚いたのでしょうね、私以外が戦慄迷宮に行ったのですが帰ってきて開口一番が

「戦慄迷宮より泣きじゃくるお前のほうが恐かった。というかキツかった。」

でした。。。

 

こういうのを「ギャップ萌え」というのではなかろうかと思っていましたが、どちらかといえば「ゲップ、オエェェエエ」でした。以後気を付けます。

 

ということで今週のお題「怖い話」。

 

最悪ですね。

 

冒頭にも述べたようにお化け屋敷系はもちろん、ホラー映画などの類も私は無理なんです。

 

それなのになぜ私が今週のお題「怖い話」に投稿しようと思ったかというと、我が家にも一つ、怪談話があるからです。

 

今回はその話を載せるのでよかったら最後までお付き合いください。

 

それは私の父が関係しているのですが、過去に父に関する記事を一つ書いていたので軽い紹介程度に載せておきます。

こちらもよろしければ目を通してみてください。

 

idealorange.hatenablog.com

 

私の父は少し変わっています。

毎年冬になると我が家はミカンを大量に購入します。

冬にミカンをたくさん買われるご家庭は多少なりとも存在すると思うのですが、では、それらのミカンはどこにしまいますか?

 

段ボールで購入する方はそのまま段ボールに入れておくかもしれません。

もしくは大受け皿に移すかもしれません。

 

家庭によってそれぞれだと思いますが、私の父は圧倒的少数派だと思います。

 

私の父はけっこうな年齢なのでよくこう口にします。

 

「手すりを使わなきゃ階段登れねェ、、、」

 

そんな父は購入してきたミカンをこうします。

 

f:id:ideal_orange:20200820235555j:plain

 

いや手すり必要なんでしょ!!

 

ミカンを並び終えると誇らしげにこう言います。

 

「今年も冬が始まるぜ、、、!!」

 

……いや手すり必要なんでしょ!!

 

一人でミカンを並べながら作業中に「疲れたぁ」と漏らすのですが、どちらかといえば「憑かれている」のではないかと。。。

 

これが我が家の“階段”話です。

 

うまく決まったところで今回の記事を終えようと思います。

 

また機会がありましたら父のエピソードを載せようかなと。

 

こりずにまた目を通していただけると幸いです。

 

最後まで読んでいただいた方、どうもありがとうございました。

 

またよろしくお願いします。

 

風に戸惑うゴリラな僕

ここ最近の気温の上がり方に、戸惑い学んで汗を流しているオレンジです。

 

同世代の方にはおそらく伝わり、違う世代の方は戸惑ってしまう冒頭かもしれません。

しかし、「何言ってるのこいつ?」と戸惑ったのならば、ある意味それは正解ですね。

 

今週のお題が「夏うた」ということでどんどん飛ばしていこうと思います!

 

あっ、飛ばすってもちろん汗のことですよ☆

(いやお久しぶりから汚ねえなゴリラ、遠慮しろヨ)

 

私には好きな歌手やバンドがいます。

それこそ長ければ20年近くずっと好きなバンドもあれば、ここ数年間好きになっているグループもあります。

 

それらの中から私にとっての「夏うた」を選ぼうかなとも思ったのですが、今回「夏うた」と聞いて無条件に頭に浮かんだ曲がいくつかあったのでそられの中から数曲紹介したいなと思います!

せっかくだから1アーティスト1曲で紹介していきます!

 

まず最初に頭に浮かんだのはこちら!!

 

RIP SLYME

楽園ベイベー


RIP SLYME - 楽園ベイベー

 

もうド定番ですね。

「夏うた」の「な」の文字を見た瞬間に頭の中は常夏の楽園ベイベーでした。

しかし特に思い出はございません!!

 

続いてはこちら!!

サザンオールスターズ

TSUNAMI

 

(公式で You Tube になかったので割愛します。)

 

夏といえばサザン!桑田真澄

(いやボケが雑だわゴリラ、途中でなんにも面白くない記事だなって気付いたのはいいけどもうちょい頑張れヨ)

 

TSUBAKIも名曲ですが、

(いや無理にボケんなよ)

男前豆腐もいいですよねぇ。

(いや波乗りジョニーな、豆腐違いは誰にも気づいてもらえねえよ)

イカも捨てがたい!

(いや真夏の果実!確かに夏の果物だけど!)

 

ここぞとばかりにふざけ倒してしまい申し訳ございません。。。

もちろんサザン(桑田ソロも)は名曲揃いですが、一つ選ぶなら私はTSUNAMIでした。

歌詞の解釈って製作者の意図もありますが、受け手がどうとるかも自由だと思います。

私にとってTSUNAMIは完全に失恋ソング。

彼女と別れた季節が夏ならば、必ず泣きながらカラオケで歌います。笑

 

最後に、、、

 

Def Tech

Catch The Wave


Def Tech - Catch The Wave

 

こちらも特に思い出はありませんが、なんとなく3番目くらいに頭に浮かびました。

ちなみにDef Techはこの Catch The Wave

デフテックサンシャン前なら~いでオーリオーリオーイェーイ

の2曲しか知りません。笑

 

 

最初は2,000曲くらい紹介しようかなと思っていたのですが、書いている途中で気付きました。

あれ?これあんまりおもしろい記事になってないな、、、と。

なので頭に浮かんだ早いもの順に3曲ほど紹介させていただきました。

 

もちろん、この記事を書こうと思ったときにたまたま浮かんだ3曲なので、明日はまた違う曲が浮かんでいると思うし、書きながらも他の曲が頭の中で流れています。

 

この偶然の3曲に共感してもらえたらもちろん嬉しいですし、知らなかった曲として誰かの聞いてみるきっかけになっていても嬉しいです。

 

いずれにせよ、ノリノリで書き始めた冒頭と、途中から何かに気付いてしまってからのテンションの差にはまさしく、戸惑い学んで汗を流してしている状態です。

一切法は犯しておりませんが、ファンの方からしたらこの雑な引用の仕方は重罪、これぞグレーな部分と言うべきでしょうか。

 

うまく落ちがついた(自己満)ところで今回は終わらせていただきます。

 

最後まで目を通してくれた方、どうもありがとうございました。

よろしければまたお願いします。

マッスルミュージアム

ダイエットダイエットと言いながら、この前1週間丸々外食チャレンジという

 駆け出しYoutuberみたいなことをしてしまったオレンジです。

 

結局コスパがよく味・量、共に満足できるのはラーメンという

1+1=2みたいな当たり前な結論に至りました。

※もちろん個人の見解でございます。

 

 

そんなこんなで2020年も気付けば後半戦。

ついこの前年越しをしたばかりなのに、、、。

 

2019年から2020年への年越しの出来事は、今でも鮮明に覚えています。

 

学生の頃は色々な年越しをしてきましたが、社会人になりアラサーに近づき、馬鹿やって年を越す元気もなくなってきた結果、行きついたのはダイエットのために通い始めたジムでした。

 

学生の頃はそれなりにバキバキなボディ、、、

いやバディだった私は、今ではブヨブヨの肉体へと変貌を遂げ、鏡を見るたびに涙を流す日々を送っております。

 

この前夜中に一人で自分の三段バラにポイントカードを何枚挟めるのかチャレンジを始めた時はさすがに自分でも引きました。

しかし金銭を使わずしてdポイントが貯まったことは不幸中の幸いだったんじゃないかな、、、。

あっ、もちろんd(デブ)ポイントです。

 

脱線しましたが、そんなこんなで2019年→2020年の年越しはジムで過ごしました。

 

普段はマッチョたちが占領しているせいで使いたくても使えないベンチプレスが1年に1度使い放題になるのはジムあるあるだと思います。

非マッチョは本当に年に一度しかベンチプレスを利用できません。

学生の頃はかろうじて利用できる資格(ギリマッチョ側のバディ)を持っていましたが、当時からなんとなくそんな雰囲気を感じていました。

※もちろん個人の見解でございます。

 

ジムのスタッフさんたちと仲良くなって、ベンチプレスの占領を注意しにくくさせるためにマッチョたちは愛想のよい笑顔を覚えたといっても過言ではありません。

※もちろん個人の見解でございます。

 

あとマッチョたちの謎のコミュニティはなんなのでしょうか?

 

大ヒットソング

Grateful Days

の歌詞にもありましたよね。

 

「俺は上腕生まれプロテイン育ち

マッチョな奴はだいたい友達」

って。

 

マッチョ同士で「初めまして」をしている場面を見たことありません。

 

初めてそのジムに来たはずなのに、必ず古参のマッチョと交わす言葉は

「おぉ!久しぶり!最近上腕三頭筋どうよ!」

 

いやなんだその挨拶!

せめて上腕二頭筋だろ!

どこだよ三頭筋って!

そもそも二頭筋もどこだよ!

必ずマッチョ同士は以前どこかのジムで筋肉を交わしているのです。

 ※もちろん個人の見解でございます。

 

そんなこんなでアラサーになり過去のバキバキなバディを失ってしまった私は、ジムでとても肩身の狭い思いをしております。

 

しかし!先ほどにも述べたように年に1度、年越しの日だけはさすがのマッチョたちも筋肉休暇を取るのでベンチプレスをはじめ、ジムの全てが自由に使えます!

 

普段は夜中でも常に15人くらいのマッチョが入り浸っているのですが、この日に限っては非マッチョが3人しかいませんでした。

 

喜びすぎて私の腹部三段筋もブルンブルンに震えていました。

 

f:id:ideal_orange:20200719154413j:plain
f:id:ideal_orange:20200719151409j:plain
普段はマッチョが占領していて使えないベンチプレス。大晦日なのでガキ使。

 

歓喜のあまり真っ先に飛びついたのはもちろんベンチプレス。

学生の頃ぶりなので軽めに始めたのですが、人数の少なさに油断しました。

 

「ウォォォオオオオオ~、、、、プリッ!!」

 

ジム内に響き渡るちょっぴり可愛い除夜の鐘。

 

計算ではない非マッチョたちの優しい笑顔。

正真正銘「初めまして」からの「サポートしましょうか」で築けた非マッチョたちのコミュニティ。

 

2020年へのスタートは本当に素敵なものでした。

 

しかし、そんな時間も束の間。

翌日からは元旦マッチョでジムは賑わいマッチョでした。

 

非マッチョコミュニティもマッチョコミュニティの前では成すすべもなく、あれからベンチプレスに触れることもないまま月日は流れ、気付けば2020年も後半戦。

 

ジム自体はコロナのため3月くらいから営業休止。

今は再開しているのかもしれませんが、もう通うことも辞めてしまいました。

 

2020年上半期もたくさん思い出はありましたが、とりあえずスタート時の思い出を綴らせていただきました。

 

ダイエットダイエットと言いながら、結局何もしないままで2020年も終えてしまいそうですが、非マッチョたちの優しい笑顔を思い出しながら後半戦こそはダイエットを頑張ろうと思います。

 

酷い内容でしたが、最後まで目を通してくださった方がいらっしゃいましたら、どうもありがとうございました。

また次回もよろしくお願いいたします。

 

今週のお題「2020年上半期」

 

※この話に登場するマッチョはたまたま私が通っていたジムでのマッチョの話であって、全国のマッチョの方々は優しい人たちばかりです。

今までの人生で私は優しいマッチョの方々に数えきれないほど救われてきました。

謎のマッチョコミュニティが出来ていて非マッチョたちが肩身の狭い思いをしていたのは本当にたまたま私の通っていたジムでの出来事に限った話であるので、このブログを読んで気を悪くさせてしまったマッチョの方々がいらっしゃいましたら本当に申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。

紅に染まったForever Love

昨晩、「さすがにもう間食はやめよう」という誓いの旗を夜ご飯のハンバーグの上に掲げながらも、食後のプリンをしっかり完食したオレンジです。

プリンのあの滑らかな感触はやめられませんね☆

(いやもういい加減ダイエット始めろよゴリラ、うまいことも言えてねえゾ)

 

前々からダイエットを始めると言っておりますが、なかなか始まりません。

まるで X JAPAN のコンサート、そんな自分が愛おしくて Forever Love です。

(ファンの方々に謝れよゴリラ、額が紅になるまで土下座だヨ)

 

そんなこんなで今週のお題は「お父さん」とのこと。

 

私は昔は反抗してたけど今では感謝してる系ゴリラです。

そのエピソードはまたどこかで綴らせていただけたらなと思います。

 

今回は、いつかの父との会話を書かせていただきます。

私の父は少し天然なところがあり、たまに会話が噛み合いません。

 

普段はあまりスナック菓子とかは置かないような家庭なのですが、その日は食卓にポテトチップスが置いてありました。

 

私「あれ、こんなお菓子買うなんて珍しいじゃん!なんで買ったの?」

父「お金で買ったよ、しかもキャッシュレスな。」

私「いや手段じゃないよ!動機を聞いてんだよ!」

父「どうき?あぁ、、、有名どころだと、あだち充とか山本リンダとかかな?あと長洲小力もそうだったかな、、、」

私「いや同期じゃねえよ!なんでこのタイミングで同い年聞くんだよ!あと多分長洲力な!さすがの小力もそのラインナップに入れられたらキレるぞ!」

父「騒がしいな」

私「誰のせいだよ!」

 

結局理由は「たまに食べたくなるよね」でした。

 

私の間食癖は父譲りなのかなと思います。

(いや人のせいにすんなよゴリラ、完全にお前の意志の弱さだヨ)

  

またどこかで父とのエピソードを書けたらなと思います。

 

今回もしょうもない内容でしたが最後まで目を通してくれた方、どうもありがとうございました。

 

またよろしくお願いいたします。